【アオのハコ】第30話ネタバレあらすじ感想「お近づきに」・・・!!

アオのハコ

今回は【アオのハコ】第30話「お近づきに」ネタバレ感想を紹介したいと思います。

この中では私の考察と感想を含みますのでご了承ください。

前回は、ちょっと距離を置かれた大喜…。

悲しい…。

これは雛の出番か!?

第1話はこちら

(リンク)

第2話はこちら

(リンク)

では【アオのハコ】第30話「お近づきに」ネタバレ感想についてみていきましょう。

 

【アオのハコ】第30話「お近づきに」ネタバレ感想

翌日の朝。歯を磨く千夏。「おはようございます」と大喜。

千夏は、大喜を全く意識していない(BBQ買い出しでの距離をとりたい話から)ように、普通に話を続ける。

大喜はぼんやりと、(めちゃくちゃ普通だ。まあそうか、あのことはただ忘れればいいんだもんな。今までとなんら変わりない)と思った。

部活の後、皆で図書館で勉強する。しかし雛は寝ている…。どうやら数学が不得意のようだ。すると、クラスメイトの「伊藤」くんが、雛に丁寧に教えてあげる。他のクラスメイトの話から、伊藤が雛に本格的にアピールしだしたのだと知る大喜。

大喜(今まで全然気が付かなかったけど、皆知らないうちに恋愛してるんだな)

飲み物を買いに行く大喜。図書館に戻ろうとすると、図書館の入り口にある椅子の上で雛が死んでいる。力尽きたようだ。

そこで中学生たちが、来週花火大会だねと話しているのを目にする2人。

大喜「なつかし、俺らも中一のとき行ったよな」

さらに大喜が続ける。「雛と話すようになったのもあのころだよな」

「そうだっけ」という雛。しかし雛は覚えていた。

中一のころ。クラスで夏祭りに行く話になった。雛は、「りんご飴食べたい」とよだれを流す。

絶対に行くぞ!と意気込む雛の手が、大喜の顔にあたる。

「ごめん、猪股くん」

「気にしないで蝶野さん」

ぎこちない会話。楽しみにしている雛。

しかし…部活が長引いてしまい、待ち合わせから大幅に遅れることに。祭りに走る雛だが…自分の食べたかったりんご飴は売りきれ。

 

(体操で結果出すためには、何か我慢しないと。りんご飴もがまん、がまん)

すると…大喜が雛にりんご飴を差し出した。

ラス1だったから買ったと言う。なぜ?と聞く雛。

「あんなよだれ見ちゃったらな」

赤面する雛。

そんな思い出。

なんだかんだ楽しかったと言う大喜に雛が言う。

「また行こうよ、今年一緒にいこ。花火大会。」

 
(C)三浦糀
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
 
お得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社無料・特典無料期間特徴
U-NEXT 1冊31日600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
DMMブックス 1冊30日電子書籍等でコミックを買う約6分の1の価格でマンガが読めます
FODプレミアム 最大2冊14日最大1,300P付与/20%還元/DL不可
イーブック6冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
スキマ 無料ありなし会員登録なしで無料で読める範囲が設定/会員登録するとチケットが貰え読み進めることができるのでリテンション率が高い
 

まとめ:【アオのハコ】第30話「お近づきに」ネタバレ感想

今回は【アオのハコ】第30話「お近づきに」ネタバレ感想を紹介しました。

雛動く!!!

そっか、頑張ったね、雛。

そして、そりゃ惚れるわ(笑)

次回は、雛と大喜が急接近!?

次回もお楽しみに!

最後までご愛読ありがとうございました!

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました