【東京卍リベンジャーズ】第240話「Go into retirement」ネタバレ感想

東京卍リベンジャーズ

今回は【東京卍リベンジャーズ】第240話「Go into retirement」ネタバレ感想を紹介します。

この中では私の考察を含みますのでご了承ください。

三ツ谷が仲間になったのだが、ここで問題が生じていました。

それは現在参謀的存在になっている千冬にクビを宣告しないといけない事でした。

それ故にタケミチと八戒のどちらかが言わないといけなかったのです。

果たして、誰が告げるのでしょうか!?

【東京卍リベンジャーズ】第240話「Go into retirement」ネタバレ感想についてみていきましょう!

【東京卍リベンジャーズ】概要

無料購入] 東京卍リベンジャーズ | スキマ | 全巻無料漫画が32,000冊読み放題!

人生どん底のダメフリーター花垣武道(タケミチ)。
中学時代に付き合っていた人生唯一の恋人・橘日向(ヒナタ)が、
最凶最悪の悪党連合”東京卍會”に殺されたことを知る。

事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは
何者かに背中を押され線路に転落し死を覚悟したが、
目を開けると何故か12年前にタイムリープしていた。

人生のピークだった12年前の中学時代にタイムリープし、
恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるため、
人生のリベンジを開始する!

【東京卍リベンジャーズ】第240話「Go into retirement」ネタバレ

※ここからはネタバレになりますので、見たくない人はブラウザバックしてください!

基盤が出来る

三ツ谷が仲間になったのだが、タケミチと八戒はある悩みを抱えていました。

それは現在参謀とデザイナーを兼任している千冬に、それらに関してクビにしないといけない事を告げないといけない事でした。

そんな中、千冬がやって来て、何喋っているんだと聞いていたので2人は口笛を吹きながら何でもないと言って誤魔化します。

そして小さな声で、どちらが言うかで押し付け合いをし始めます。

そうしているうちに、千冬は話があると言いました。

そして外に出て、三ツ谷と合流すると千冬は彼に対し、是非とも参謀となってくれないかと頼み込みます。

まだ話が飲み込めていない三ツ谷に対し、自分は参謀には向かないから三ツ谷になってもらいたいと言い、タケミチと八戒は自分から言ってくれた事に感動していたのです。

三ツ谷は一旦考えた後、了承すると共に服のデザインやチーム名も白紙にする事に決めます。

千冬は参謀は譲ったけど、デザインの方は譲ったつもりはないので困惑していたのです。

三ツ谷からすれば、今の服のデザインもチーム名もふざけていると感じており、千冬は真剣に考えていたのでそう感じられてしまった事にショックを受け、タケミチと八戒は三ツ谷に感謝していました。

後ろにいたイヌピーもようやくかと言った仕草を見せます。

そして三ツ谷は合流する前にパーちんとペーやんに声をかけており、彼らは速攻で加入を決めてくれた事をタケミチに伝えました。

イヌピーもスマイリーとアングリーに声をかけていて、彼らもまたチーム入りする事を決めた事をタケミチに伝えます。

これである程度の基盤が出来、三ツ谷は他に加入させたい相手はいるかとタケミチに聞くと、彼は一人だけいると言いました。

会いに行く

それから数日後、タケミチは明石に会っていました。

その理由はタケミチは千咒を仲間にしようとしていて、連絡しても応答しないので明石を通じて会おうとしていたのです。

明石はあの戦争後、落ち込んでいるからなと言いつつ、元梵のアジトへと案内します。

そこに千咒がいて、タケミチは事情を伝えるも千咒は自分はマイキーどころかサウスの足元に及ばなかったし、このまま辞めるつもりだと言ったのです。

タケミチは説得しようとしても、千咒の考えは変わらず、真っすぐな目で見て来るタケミチの目を見れなくなってしまいます。

昔馴染み?

そんな明石が、千咒は自分が誰よりも強くなると誓ったから、自分や春千夜が変わってしまった事を悔やんでいるのだろうと言います。

対する千咒はそれを否定しつつ、自分はこれまで誰にも言えなかった事があったと言い、2人を驚かせました。

春千夜があんな風になったのも、マイキーが衝動を持つようになったのも、全て自分が悪いんだと語る千咒。

タケミチに理由を聞かれたので、千咒は話し始めます。

千咒は幼少期、親しい者達がいたのです。

それは兄の春千夜、マイキー、そして元1番隊隊長の場地の3人であり、千咒は彼らの後を追いかけていたのです。

【東京卍リベンジャーズ】第240話「Go into retirement」ネタバレ感想

三ツ谷とイヌピーの口からパーちん、ペーやん、スマイリー、アングリーが加入しましたが、彼らも根底はマイキーをほっとけないと言う事なのかもしれません。

これであとは兵隊、そして千咒が加わればある程度戦えるかもしれませんね。

それにしても千咒が幼少期、マイキーや場地と親しい仲だったのには驚きました。

今は袂を絶っている感じですが、一体何があったのでしょうか。

お得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社無料・特典無料期間特徴
U-NEXT 1冊31日600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
DMMブックス 1冊30日電子書籍等でコミックを買う約6分の1の価格でマンガが読めます
FODプレミアム 最大2冊14日最大1,300P付与/20%還元/DL不可
イーブック6冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
スキマ 無料ありなし会員登録なしで無料で読める範囲が設定/会員登録するとチケットが貰え読み進めることができるのでリテンション率が高い
 
(C)和久井健
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

まとめ:【東京卍リベンジャーズ】第240話「Go into retirement」ネタバレ感想

今回は【東京卍リベンジャーズ】第240話「Go into retirement」ネタバレ感想を紹介しました。

次回、千咒の過去が明らかになると思います。

マイキー達と昔馴染みだったようですが、その時に何かあったのかもしれません。

それが何なのか気になりますね。

最後までご愛読ありがとうございました!

    

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました