【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレあらすじ最新速報!マイキーには届かない!?

東京卍リベンジャーズ

今回は【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレあらすじ最新速報233話ネタバレあらすじ最新速報!闇堕ちルートを回避する考察を紹介します。

この中では私の考察を含みますのでご了承ください。

前話は、求めていた戦いを繰り広げるサウスとマイキー。ビジョン通りにならないようにタケミチが割って入りますが、マイキーに右腕を折られてしまいます。そしてサウスに詰め寄るマイキー

【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレあらすじ最新速報!234話ネタバレあらすじ最新速報!闇堕ちルート回避する考察?についてみていきましょう!

 

【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレあらすじ最新速報!

最新話の速報情報が出ましたので、わかる範囲で紹介してきますね。

【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレのタイトル

【東京卍リベンジャーズ】234話のタイトル

   「                         

【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレ速報

 

【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレ速報

 

【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレ速報

 

【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレ速報

 

【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレ速報

 

 

【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレ速報!最新速報を展開を考察

【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレ最新速報!!に起こりそうな出来事を考察していきます。

東京リベンジャーズ卍第234話考察①マイキーはサウスを殺してしまう場合の考察

タケミチが止めますが、腕を折られてしまい倒れます。

それでも必死に声をかけていますが届いていない様子です。

ドラケンの死で完全に黒い衝動に侵されてしまっているため、理性も何もない状態なのでしょう。

「血のハロウィン」の時の一虎(かずとら)のように死ぬまで攻撃を止めないでしょう。

マイキーの心に響くモノがあるとすると何でしょうか。

それがない限りはサウスを殺してしまう可能性が高いです。

東京リベンジャーズ卍第234話最新考察②サウスが助かる場合は他の誰かが死ぬ?

もはや右腕がだらんと下がってしまっているので、マイキーとごかくに戦うことはできないでしょうし

”無敵のマイキー”も容赦もしないでしょう。

そしてタケミチのビジョンと同じ光景になるのでは無いでしょうか。

一気にサウスを潰しにかかる。

そのビジョンが見えているタケミチは何とか止めようと走り寄る。

千咒もタケミチと一緒に止めようとするが

黒幕の誰かが”千咒”を狙う。

そこで明石が助ける展開になりそうです。

展開的にここでは誰かが必ず死んでしまう展開は避けられないでしょう。

東京リベンジャーズ卍第234話最新考察③マイキーのシャツは黒色

サウスに肩を触られたことで視えたサウスが死ぬ未来。

前回は千咒が死ぬところが視えていましたが、今回はサウスでした。

これは”未来が変わったことを意味しているのではないでしょうか。

ですがどっちにしてもマイキーの闇堕ちは止められていません。

むしろ未来が変わったことで闇堕ちするタイミングが早くなってしまった可能性があります。

サウスを殺すほど誰にも止められないのは、一虎を殺した時と全く同じですね。

これ以上行くと、後には引けないほどの闇堕ちになってしまいます。

そして気になるのが

いつもは白いTシャツを着ているのですが、今回は黒いTシャツです。

というか闇堕ちしたマイキーはいつも黒い服ですね。

特攻服を脱いでいるのは、もう東卍ではなく闇堕ちしたマイキーを示唆しているのかもしれません。

東京リベンジャーズ卍234話最新考察④ 三者の衝動の違い

マイキーは、真一郎、場地、エマ、イザナとマイキーに近い人物が死んでしまっていることで覆われて他ものが黒い衝動と表現しており

サウスは父親を殺しその報復で受けた出から生まれた衝動を、疼いて止まらない衝動と表現しています。

千咒の場合は梵(ブラフマン)を護るというところから衝動が生まれていると予想します。

「武力は金だ

「オマエという”兵器”にいくら出すと思う!?」(229話より)

ここで千咒は武臣を悪くしていると気付きます。

ブラフマンを金儲けの道具と考えている武臣を見たくなかったのでしょう。

ですがドラケンが亡くなり、このまま話し合いや一度考え直すような話では済まないところまで陥ってしまっていると判断し

千咒自身が六波羅単代を潰す決意をしたのでしょう。

これは武臣の統率するブラフマンのためではなく、千咒が首領としてのブラフマンを護るという意味ですね。

マイキーやサウスとは違う衝動です。

しかし、同じ衝動がぶつかり合うことでマイキーの黒い衝動が更に黒くなるのではないでしょうか

そうなる前に千咒が止めに入る可能性もありますね。

【東京卍リベンジャーズ】今後の考察

ここからは【東京卍リベンジャーズ】今後の考察を書いていきたいと思います。

タケミチの渾身の説得がマイキーの心に響く!?

既に右腕を折られてしまったタケミチですが、銃弾を受けてもマイキーを助けようとしているのでこの程度じゃ諦めないです。

どんなにボコボコにされても必死にマイキーに突っかかっていく

その様子を見て千咒が一緒に食らい付きます。

「助けてくれって言ってみろ!!!(204話)」と言っていた時のように渾身の言葉でマイキーを説得して

その言葉に真一郎が重なって見えたベンケイやワカもマイキーを止める。

そこで闇堕ちから救い出す。

という展開でしたら胸熱です!!!!

刺青の意味

何らかの理由で父であるディノを殺さなければならなかったのかもしれません。

12歳の時にサウスは父であるディノを殴殺しています。

そしてディノ・サウスというギャングチームのトップとなりました。

ギャングのトップになる前は刺青は入っていませんでしたが、ギャングのトップになった時には身体に刺青が彫られています。

ディノにも刺青が彫られており、サウスも同じ箇所に刺青を彫っていますね

意思を受け継ぐ”や”現実を受け止める”という意味が含まれているのかも

実際にその人同じことをする事をミラーリングと言いますが

少しでもディノの領域に達したいが為に同じ箇所に刺青を彫ったのもあり得ますね!

タケミチの未来視の条件は数字ではない!?

数字にはとらわれない可能性が出てきましたね。

セブンティーンアイスやエレベーターの数字。

千咒やマイキーには数字が入っているので

手を握ればビジョンが発動するのでは?という予想をしていましたが

前回の231話にてサウスに肩を触れられビジョンが映し出されています。

これは「数字」というのはミスリードではないか?という仮説が立てられます。

今までは、「数字」に関するものに触れたときに発動すると考えていましたが、今回はサウスに肩を触れられたときに発動しました。

サウスは「1000(サウザント)」かなーと考えていましたが、既に千咒が「1000」なので流石に同じ数字ではない事と無理矢理数字に置き換えているので違うかと思います。

ではなぜサウスもビジョンが発動したかですが

エレベーターのボタンを押す、アイスをキャッチする、千咒と握手する、サウスが触れるこの4つ全てが「力が加わる」瞬間です。

「力が加わる」というのは、「伝達」という意味にも繋がります。

エレベーターは階を押して動いてもらう伝達

アイスは後で捨てるために受け取る伝達

千咒との握手は友達でいるという伝達

サウスは「タケミチどいてね」という伝達

以上の伝達が条件で発動するのではないでしょうか。

【東京卍リベンジャーズ】 第234話の発売日はいつ?

【東京卍リベンジャーズ】 第234話は、12月7日の予定です。また新しい情報が入り次第追記したいと思いますので楽しみにしてて下さいね♪

基本考察

作中でタイムリーパーであることが判明しているのは今の所「花垣武道」のみです。

タイムリープの条件

過去または未来でトリガーと握手すること
過去または未来のトリガーが死亡するとタイムリープできないこと
握手した12年前または12年後の今日に移動すること
お互いの目的が一致している事

上記を基本としてまとめていきたいと思います。

では【東京卍リベンジャーズ】花垣武道のタイムスリープ時系列を一挙紹介!!についてみていきましょう。

花垣武道のタイムスリープ時系列

東京卍リベンジャーズ 花垣 武道(現在) イラストカード2弾 | K-BOOKS 池袋 2次...

時系列で紹介したいと思います!これをみればあなたも東リベマスター???

最初の現代(1巻1話)

花垣武道         ⇔       ✖橘日向
*しがないレンタル屋の        東京卍會の抗争に
店員。夢や目標もなく         巻き込まれて死亡と
ダラダラとした毎日          いうことになってるが
を過ごす。              ・・・・。          
  ↑                   ↕
  ↑                  ✖橘 直人
稀咲の命令で            東京卍會の抗争に
線路から突き落として        巻き込まれて死亡と
殺害                いうことになってるが
                  ・・・・。

           東京卍會

千堂敦(アッくん)*1         龍宮寺堅(ドラケン)

稀咲鉄太*2            *元東京卍會の副総長。
                  8.3抗争でキヨマサに
                  刺され死亡している。

佐野万次郎(マイキー)*3

*1:人を刺し少年院行きに、出所後はチンピラに。稀咲に脅されタケミチを線路に突き飛ばしたことが、のちに明かされる。

*2マイキーと共に、東京卍會の2トップとして君臨。のちにタケミチやヒナ殺害に関与していたことが発覚する。

*3麻薬、殺人、強姦などなんでもありの犯罪集団、東京卍會の2トップ。

1回目の過去 1巻第1話

溝中五人衆

花垣武道       ⇔        橘日向
*1                   元気いっぱいの中
                    学生。タケミチと
                    交際している。
                       ↕
           ⇔      橘 直人 *2

千堂敦*3  山本タクヤ*4  山岸一司*5  鈴木マコト*6
    ↑               ↓    
           東京卍會  
兵隊として喧嘩賭博に       喧嘩に負け絶対服従を
参加させる            強いられる       

清水将貴(キヨマサ)*7       マサル*8

*1:不良グループ「溝中五人衆」のひとり。不良としての覚悟もなく、中途半端な生き様を晒していた。12年後のタケミチの精神が乗り移り、彼を含め多くの人の運命が変わり出す。

*2:カツアゲをされていたところを、タケミチに助けられる。タケミチが未来からきたという話を信じ、姉を守ることを決意する。

*3:「溝中五人衆」のリーダー格。渋谷三中の2年をしめようとするも、3年の返り討ちにあう。

*4:タケミチの幼馴染で、不良グループ「溝中五人衆」のひとり。体が弱く喧嘩にはあまり向いてない。

*5:不良グループ「溝中五人衆」のひとり。眼鏡をかけていれば頭がいいと思っている。

*6:不良グループ「溝中五人衆」のひとり。黒髪でオールバック。ち〇こばっかりいじっていた。

*7:渋谷三中の3年。東京卍會の参番隊に所属している。溝中五人衆をボコボコにして従わせている。

*8:タケミチの1こ上のいとこ。渋谷三中で頭を張っているとタケミチにいっていたが、実際は使いぱしりだった。

2回目の現代 1巻2話

花垣武道 *1        ⇔   ✖橘日向 
       中学生の時       祭りの最中、トラックの
      別れて以来疎遠      暴走により死亡

  
  ↑       ←ヒナを助けるたる為に手を組む         

  ↑               橘 直人*2
稀咲の命令で線路からしようしていた

            東京卍會

千堂敦(アッくん)*3         龍宮寺堅(ドラケン)

稀咲鉄太*4            *元東京卍會の副総長。
                  8.3抗争でキヨマサに
                  刺され死亡している。

佐野万次郎(マイキー)*5

*1:タケミチから未来での危惧を知らされていたことで、命が助かった直人に助けられる。タイムリープの能力があることが分かり、ヒナを助けるために、奮闘することを決意。

*2:12年前のタケミチの話を聞いたことにより、死亡を回避。検事になり、姉を助けるタケミチを手を組む。

*3*:人を刺し少年院行きに、出所後はチンピラに。稀咲に脅されタケミチを線路に突き飛ばしたことが、のちに明かされる。

*4:マイキーと共に、東京卍會の2トップとして君臨。のちにタケミチやヒナ殺害に関与していたことが発覚する。

*5:麻薬、殺人、強姦などなんでもありの犯罪集団、東京卍會の2トップ。

2回目の現代 1巻2話~2巻第6話

溝中五人衆

花垣武道       ⇔        橘日向
*1        恋人同士       元気いっぱいの中
                    学生。タケミチと
                    交際している。
                       ↕
タイムリープのトリガー     ⇔   橘 直人 *2

千堂敦    山本タクヤ    山岸一司     鈴木マコト

             ↓ 

              花垣武道

  ↑           ↑ ↓
タイマン勝負      未来を変えるためにマイキー近づく
キヨマサの圧倒的    タケミチの心意気を気に入る
勝利

清水キヨタカ*3    ←     佐野万次郎(マイキー)*4
                     ↑
                 龍宮寺堅(ドラケン)*5
               

    

 

*1:マイキーと稀咲の接近を防ぐたび過去へ。過去の自分と決別するために、キヨマサとタイマンを挑むも、ボコボコにされる。しかしその気合が認められてマイキーに気に入られる。

*2:タケミチのタイムリープのトリガーとしての役割を持つ。

*3:兵隊として喧嘩賭博に参加させる。しかし、それがマイキーの逆鱗に触れ、粛清されてしまう。

*4:東京卍會の総長。勝手にケンカ賭博を開催していた、キヨマサを粛清。タケミチの心意気を認め、友達になる。

*5:東京卍會の副総長、マイキーの右腕的存在。自分にもマイキーにも屈しない心を持つタケミチを気に入る。

3回目の現代(第6話~):4回目の現代(第13話~)

3回目の過去(第9話~12話):4回目の過去(第13話~30話)

5回目の現代(30話~36話) 6回目の現代(第47話~49話)

5回目の過去(36話~47話) 6回目の過去(第49話~71話)

7回目の現代(71話~77話)

7回目の過去(77話~114話)

8回目の現代(114話~119話)

8回目の過去(120話~130話)

9回目の現代(第131話から134話)

9回目の過去(第135話~192話)

10回目の現代(第192話~204話)

10回目の過去(204話~)

 

 

タケミチの新たな能力『ビジョン』の謎

東京卍リベンジャーズ【公式】 on Twitter: "【フォロワー2000人突破企画】第37話の巻頭カラー!!  内容的には3番隊就任式の会ですね。場地も初登場。トリビュートイラスト企画もついた、記念的なカラーページでした。… "
 

脳裏に浮かんだ光景が現実のものに!

本作の主人公タケミチは「タイムリープ能力」という特殊な能力を持っています。

これは、「トリガー」と呼ばれる過去の変更を望む人物と握手をすることで、意識を過去へ飛ばせるというものです。

タケミチはタイムリープを繰り返し、ヒナの死を回避するという当初の目標を達成しました。
 
しかしタケミチは、マイキーをトリガーとした10回目のタイムリープで、自身に時間跳躍以外の能力があることに気がつきます。
 
それをはっきりと自覚したのは第217話でドラケンが暮らす渋谷の風俗店に行ったときです。
 
タケミチがエレベーターのボタンを押すと、彼の頭の中に突然、タケミチのシャツに赤い血のようなシミがついている光景が浮かびました。
 
その後、ドラケンと話してから帰ろうとしたときに、タケミチは風俗嬢とぶつかってしまいます。彼女が持っていたトマトジュースがシャツにかかります。
 
先程のシャツが血に染まったようなように見えた光景と同じ状態になったため、「これってもしかして・・・未来が見えてるのか。。。?」(第217話)と、つぶやくタケミチ。
 
 
 
このことから。タケミチには未来の光景を見る力があると考えられます。ここからは、タケミチの未来視の力を「ビジョン」とし、この能力がどういうものかを考察していきますね。
 

ビジョンの能力は以前にも発動していた!?

タケミチが、自身に未来を見るビジョンの力があると自覚したのは217話ですが、しれ以前にも、彼がビジョンを見たとされる場面が何度かありました。
 
1度目は、現代で刑務所にいたドラケンから、血のハロウィンについて聞いたときのことです。
 
タケミチはまだ血のハロウィンを体験してないにも関わらず、マイキーが一虎を殴りつけてる光景が頭の中に浮かびました。
 
 
これは一見、現在のタケミチはが、体験していないはずの過去を思い出しているように見えます。しかし実はそうではなく、「これから過去にタイムリープ先で、タケミチがも目撃するかもしれない光景」を予知していたという可能性も考えられます。
 
2度目は、関東事変で東京卍會が天竺に勝利し、逃走した稀咲をタケミチが追った時のことです
 
稀咲を駐車場に追い詰めた際に、ビジョンが発動。
 
そに駐車場で稀咲がヒナに告白して断られるという未来の光景を、タケミチはみることになりました。
 
3度目は、タケミチが梵に入り、千咒の買い物に付き合ったときです
 
買い物のあと、駅の改札で千咒と分かれる際に、タケミチは彼女が投げたアイスの棒をキャッチします。
 
その瞬間、彼の脳裏には千咒が雨の中で倒れて息を引き取ろうとしている光景がうかびました。
 
 
これらの光景は、ビジョンを見た時点のタケミチにとって「これから起こる未来の出来事」といえるのではないでしょうか。
 
ただし、タケミチの行動で何度も現代の状況が書き換わっているとこから、ビジョンの内容も絶対ではなく、変えることが可能だと考えられます。
 

ビジョンをが発動する条件とは

ビジョンをは前兆もなく突発的に発動し、そのたびにタケミチは困惑します。
 
現代編ではタケミチは自らの意思で能力を使うことはできないようです。
 
しかしこれまでのビジョンを発動シーンを振り返ると、それぞれ何かしらのきっかけがあったことが分かります。
 
たとえば、一度目のビジョンは刑務所内のドラケンから、血のハロウィンについて聞いた時に発動しました。
 
そして2度目は稀咲がヒナに告白する駐車場をおとずれたとき、3度目は千咒が投げたアイスの棒をキャッチしたとき、4度目は風俗店のエレベーターボタンを押したときに発動しています。
 
これらのことから、ビジョンを見る直前の会話の内容や、会っていた人物、そのときいた場所や触れたものに関する未来が見えると考えられます。
 
まだまだ謎が多いビジョンの力。しかし、タケミチにとって重要な武器になることは間違いありません。
 
ビジョンでみた光景を回避することが、今後のタケミチのミッションとなるでしょうね。
 

マイキーがタケミチのタイムリープを察知できたのはなぜ?

直人と同じ感覚をマイキーも体験した?

現代で天竺のトップとなったマイキーと接触し、彼の手を握って過去へタイムリープしたタケミチ

辿り着いた先は10年前でしたが、このときマイキーが、右手を見つめ「来たか・・・タケミっち」(第207話)と、つぶやきました。

このセリフは、タケミチが現代からタイムリープしてきたことに気づいて発したものと思われますが、なぜマイキーはそれを察知できたのでしょうか。

これより前のタイムリープでは、タケミチが現代から過去へ飛んできても、それをトリガーである過去の直人が察知しているような描写はありませんでした。

しかしタケミチが過去から現代へ戻った際には、「ボクの記憶が上書きされた・・・って事は帰ってきたという事です」(第115話)

と語っています。直人は自身の記憶が上書きされ、現代の状況が改変させたのを知覚していたことがわかります。

これと同様のことが、新たにトリガーとなったマイキーに起こっているのでしょうか。

直人の場合、第1話でタケミチが過去に来て、そこで握手したことでトリガーとなり、以降はタケミチが現代に戻るとそれを察知していました。

マイキーの場合は直人とは逆に、現代でトリガーになったため、タケミチが現代から過去へ飛んだ際に察知できるようになったのかもしれません

さらに、前述の直人の台詞が示すように、過去のマイキーが現代のマイキーの記憶を引き継いでいる可能性もあります。

【東京卍リベンジャーズ】稀咲はタイムリープと無縁だったのか!?

稀咲は自分がタイムリーパーであることを否定

何度タイムリープを繰り返して過去を変えても、結局稀咲がマイキーを支配し、ヒナが死亡する未来が訪れることから、タケミチと千冬はひとつの結論に辿り着きます。

千冬「稀咲はオマエみたいに何度も未来から来て東京卍會を自分好みに創り変えてるって事か?」(第127話)

しかし関東事変後、タケミチが稀咲を追いかけながら、「もう二度とオマエを未来に帰すワケにはいかねぇんだよ!!」(184話)と叫んだところ、稀咲は立ち止まり、こう答えたのです。

稀咲「オマエ・・・まだオレがタイムリーパーだと思ってんのか?」(184話)

続けて「オレは」といいかけた途端、稀咲はトラックにはねられてしまったので、彼が何をいおうとしたのか、もはや知る術はありません。

ただし、彼の口ぶりからすれば、稀咲がタイムリーパーでないということは明らかです。

稀咲の近くにタイムリーパーはいる!?

とはいえ、稀咲はタイムリーパーという常識的に考えればありえない存在を否定しているわけではありません

むしろ稀咲は自分の計画が幾度阻止されるのは、タケミチのタイムリープのせいだと睨んでいました

それは稀咲にとっては「可能性」でしかありませんでしたが、第181話のタケミチとの会話を通じて確信に変わったのです。

ではなぜ稀咲ほどの理知的な人物が、たとえ数ある「可能性」の一人だったにしても、タイムリーパーなどというオカルトじみたものについて真剣に考えることになったのでしょうか。

それは、稀咲自身がタイムリープやそれに類する超常的な現象を、何度も確認していたからではないでしょうか。

しかし稀咲がタイムリーパーでないとなると、考えられるのは次の2つのような状況でしょう。

仮説①稀咲の身近な人物がタイムリーパー

稀咲と親しい人物がタイムリーパーであり、稀咲に自分の能力を伝えていたのかもしれません。稀咲はその人物からもたらされる情報を元に、何度も計画を練り直してきたのでしょう。

仮説②稀咲はタイムリープのトリガー

稀咲は単にタイムリープと親しいだけではなく、彼自身がタイムリープのトリガーだった可能性もあります。死の間際に彼は、そのことをいおうとしたのかもしれません。

 
 
 
 
 

 

    

 

 
(C)和久井健先生
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

 

おすすめ電子書籍
\1巻無料で読める/
    U-NEXTで読む    

\最大2冊無料で読める/
  コミックシーモアで読む 

\50%クーポン付き/
  ebookjapanで読む  
 今最もおすすめ

 
 
 
 
お得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社無料・特典無料期間特徴
U-NEXT 1冊31日600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
DMMブックス 1冊30日電子書籍等でコミックを買う約6分の1の価格でマンガが読めます
FODプレミアム 最大2冊14日最大1,300P付与/20%還元/DL不可
イーブック6冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
スキマ 無料ありなし会員登録なしで無料で読める範囲が設定/会員登録するとチケットが貰え読み進めることができるのでリテンション率が高い

登場人物一覧

花垣武道橘日向橘ナオト千堂敦山本タクヤ鈴木マコト
山岸一司マイキードラケン場地圭介松野千冬三ツ谷隆
柴八戒パーちんぺーやんスマイリーアングリー武藤康宏
三途春千夜イヌピーココ佐野信一郎佐野エマ佐野万作
佐野真佐野櫻子柴柚葉乾赤音清水将貴黒川イザナ
稀咲鉄太半間修二羽宮一虎チョメチョンボ丁次
柴大寿班目獅音鶴蝶灰谷蘭灰谷竜胆モッチー
明司武臣長内信高寺野南瓦城千咒明司武臣ベンケイ・ワカ

 

 

まとめ:【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレあらすじ最新速報!

今回は【東京卍リベンジャーズ】234話ネタバレあらすじ最新速報234話ネタバレあらすじ最新速報!闇堕ちルート回避の考察について考察紹介してみました。

他にも考察やキャラ紹介もあるので。是非覗いてみてください!

最後までご愛読ありがとうございました^^

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました