【ブラッククローバー】発売前の31巻303話~311話までを先読みしよう

ブラッククローバー

今回は【ブラッククローバー】発売前の31巻303話~311話までを先読みを紹介したいと思います。

この中では私の考察を含みますのでご了承ください。

悪魔との対峙の中でも、みんなレベルアップしていて、カッコいいですよね!ロロペチカはどうなった?ガジャが告白!?

では【ブラッククローバー】発売前の31巻303話~311話までを先読みしようをみていきましょう。

 

ブラッククローバー 概要

人間は魔神に滅ぼされるかに見えた

それを救ったのはたった一人の魔道士だった

彼は“魔法帝”と呼ばれ伝説になったーーー

【ブラッククローバー】 第303話「福音」ネタバレ感想

※ここからネタバレ!見たく無い方はブラウザバック推奨です!

1、死にゆくアシエ

ノゼルの目の前で、アシエの呪いはかけられた!倒れるアシエ。みるみる衰弱していくアシエ。何も知らない一族は、出産の影響と思っていた。

アシエが呪いをうけたとき、ノゼルもその場にいたので副産物を受けた。

アシエ・シルヴァの死にメギキュラが関与していると話したら死ぬ。もし話してしまえばそれを聞いたものにもその呪いがかかり、伝染病のように広がってしまう…

だから誰にも話せない。ノゼルがどうにかするしかない…アシエの…呪いを解く方法を…

しかし、ノゼルの頑張りに反し、どんどんと衰弱していくアシエ。

アシエ「もうよしなさい…人はそう簡単には強くなれないわ…だけど安心して…アナタは…あなたたちは…いつか私よりも強くなる…!だから生きなさい、ノゼル…!」

呪いを受けた1年後、アシエは死んだ。

2、ノゼルの孤独

アシエの葬儀でノゼルは誓う。強くならねばならない。いつかのアシエの敵を討つために…!兄弟を守るために…!

ネブラとソリドでは…敵わないだろう。

ノエルは…魔力のコントロールがうまくいかない。強くならないのなら…いっそ閉じ込めた方が…戦いから当座けて…

ノゼル(違う…!!私が殺した!何もできなかった役立たず…護る自信も覚悟もない臆病者…!今の私にオマエとかかわる資格はない!強く…強く…!自然と目指すべきは魔法帝…!きたる時の…ために…!)

ノゼルは言う。「今ここにいるすべての者に感謝する…とうとう巡りあえたな!!!!」

今までのノゼルのすべてをのせて!!!!

3、因縁を断ち切る!!

メギキュラ「感度の再会…というものかな?悪いがわたしにその感情はない。」

ノゼルはメギキュラに攻撃。「防げると思うな」

血をはじき鋼鉄がメギキュラの体内に入る。しかしそれでも最上位悪魔の心臓はこわせない。

ノゼル(やはり私は間違っていたのだな…閉じ込め遠ざけるのではなく…ともに強くならなければなからなかった)

ノゼルが叫ぶ。「わたしたちの勝ちよ!メギキュラ!!!!」ノゼルがメギキュラの心臓を破壊する。

メギキュラは警戒していたものの、人間には負けることはないと思っていた。見誤ってしかったのだ、人間の強さを。

メギキュラ(だから私は興味を持ってしまったのだ、人間の想いの力と言うものに…)

粉々に砕けるメギキュラの心臓。

その瞬間、アシエが2人を抱きしめたようなきがした。

アシエ「2人とも本当に…強くなったわね」

2人は涙を流していた。

ブラッククローバー 第303話 

【ブラッククローバー】 第304話「現実と魔法」ネタバレ感想

※ここからネタバレ!見たく無い方はブラウザバック推奨です!

1、ついにロロペチカの呪いが解ける

ついに…メギキュラを斃した。ロロペチカの呪いも解ける。しかしロロペチカは裸でアスタに抱きかかえられている。目を覚ましたロロペチカは赤面してパニックになる。

特にアスタは何もしていないのだが、ノエルに吹っ飛ばされる。そして、ノエルはロロペチカに抱き着く。もちろん、力を使いきり、小さくなったウンディーネも、ロロペチカの無事を喜んでいる。

アスタはノエルに話しかけるものの…アスタへの恋心を自覚したノエルは顔を背けてしまう。

(どうしよう、久しぶりに会えてうれしいのに恥ずかしくてまともに顔も見れないじゃない~!)

そしてツンデレノエルはアスタを吹っ飛ばす。「何でもないわよー!!」

はたとノゼルと目が合う。ノゼルもまた…こじらせていた。

(呪いが解けたと言うのに…いざとなったらノエルにどう接していいのか分からん…)

シャーロットとリルも無事を喜び合う。

ロロペチカがガジャの姿を見て、走り寄る。ガジャがロロペチカに「ご無事で…」と言うが、言い切ることなく倒れてしまう。

ガジャだけでない。シャーロットやリルももはや限界を迎えており、倒れこんでしまう。

2、皆の傷がロロペチカでは…!

しかし、ロロペチカの魔法"小魚遊の泡末"ではみんなの傷を治すことができない。どうすれば良いのかと涙ぐむロロペチカ。

そこにナハトが登場する。「彼らに手の施しようはないよ。最上位悪魔に勝ったんだ、じゅうぶんだと言うべきだろう。正しいものが報われるわけじゃない、それが現実だ」

しかしナハトも(報われて欲しかったな…)と思っていた。

ラックが頼んでいた人物を連れてきてくれたかと聞く。連れてきたと言うナハト。

ナハトの魔法から出てきたのは…

ミモザだ。

ミモザ「私が誰も死なせませんわ…植物究極魔法 "花姫の夢想郷"」

ノエルが言う。「現実を覆したっていいじゃない…!だってそれが魔法でしょ?」

3、ガジャがロロペチカに…!?

ミモザの魔法により皆の傷が癒える。ロロペチカはガジャに「すみません!」と謝り続ける。ガジャは「精霊守として当然の責務です」と言うが、突如ロロペチカに告白する。

「愛しています。女王としてではなく一人の女性としてあなたのことを…」

皆は一瞬びっくりして止まる。

「あんたね~」とツッコむノエル。赤面するロロペチカ。告白は成功のようだ。

ノゼルはアスタを見て、ノエルが強くなったのはアスタのおかげだろうと感じていた。また、このままヤミたちを助けに行きたいと考えていた。

4、ユノ戦闘中

残りの漆黒の柱はあと一人…

戦っているのは、ユノとランギルスだ。しかし敵は強すぎる。ランギルスは「くそ…どうしたものかな…」とつぶやく。

ユノは「3分くれ!次の一撃で決める」と言った。

ブラッククローバー 第304話 現実と魔法

【ブラッククローバー】 第305話「"金色の夜明け"副団長」ネタバレ感想

※ここからネタバレ!見たく無い方はブラウザバック推奨です!

1、3分間

ユノが「3分くれ…!!次の一撃で決める」とランギルスに言う。

ユノ(ヤツを屠る魔法はある。ただ、魔力を貯める時間がいる…攻撃を捌きながらではまず撃てない。コイツを倒すためには…)

ランギルスが囮になってユノを守るしかない。しかしユノの助けを受けようやく攻撃を躱せるランギルスとゼノンの差は歴然なのだから、3分もの時間を稼ぐことなど不可能に思えた…。

ユノ&ランギルス((それでもやるしかない))

ユノが挑発する。「クローバー王国最強の空間魔導士なんですから、そろそろ見えてきたんじゃないですか?まさこのままやられっぱなしじゃないでしょう?」

ランギルスが笑ったように見えた。

しかしゼノンが「オマエ達の力はもう知れている」と攻撃をする。

2、マナゾーン

ゼノンの「絶対空間」である空魔掌握の中では大抵の者が魔法を使うことすら許されない。魔法を使うことが可能なのは、同格の魔力を持つ者、ユノのようにマナに愛され支配を抜け出した者。そして…マナゾーンに至った空間魔導士。

ランギルスはゼノンの攻撃を防ぐ。

ゼノンは気づいた。絶対空間の中に小さくはあるが自分の空間を創ったこと。

ユノは「やれば出来るじゃないですか、流石です」とランギルスをさらに煽る。ランギルスは「まったく…憎たらしい後輩だね、本当に…!!」と返す。

ランギルス(入団した時から生意気で不遜でそれに見合うだけの実力は持つ後輩…今思えば同族嫌悪というやつかな。ただ到底負ける気はしなかった…君なんかじゃ僕を超えることなんてできやしないと)

ゼノンが「だが、結局オレに攻撃する術はない…オマエ達に今のオレを斃せる魔法はない…!!」と言い放つ。

ランギルス(ゼノンの魔力が桁違いすぎる…!!やはり長くは保たないね。なるべく早く頼むよ…!!!そう、僕の空間魔法は無敵だった。僕が頑張ればそれで済む、僕がいれば僕の団は最強だ…だけど君の強さは違った。まるでその風で背中を押すように、共に飛ぶように。君の強さは独り善がりじゃなかった。君の負けず嫌いは皆を鼓舞し強くした)

3、金色の夜明け副団長

ランギルスがつぶやく。「癪だけど、認めてあげるよ…君が金色の夜明け副団長だ…!!!」

ゼノンがランギルスを押す。

ゼノン「圧倒的な力の前では想いも執念も何もかも無意味だ。あるのはただ、オマエ達よりオレの方が強いという現実だけだ」

しかしランギルスもゼノンに気おされたりしない。ランギルスは言う。「ハイそうですかと、引き下がるワケにはいかなんだよ…!!僕たちは最強の魔法騎士団金色の夜明けだ」

ユノは「アンタも死ぬほど負けず嫌いだもんな」と言い、攻撃を構える。

風精霊創成魔法 スピリット・オブ・エウロス

ブラッククローバー 第305話 金色の夜明け副団長

【ブラッククローバー】 第306話「境界」ネタバレ感想

※ここからネタバレ!見たく無い方はブラウザバック推奨です!

1、ユノの一撃!

ユノがゼノンを撃ち抜く。

ゼノンは体が完全に貫かれたことに驚いていた。ユノが言う。「オレ達の執念の勝ちだ…!!!」

2、ヒョロヒョロゼノン

ゼノンの幼少期。友達からいじめられていたようだ。ヴァニカは「ダメなヤツ」と言い、ダンテも「情けない」と言う。

一人の男が車椅子で近づいてくる。ゼノンは「兄さま」と呼んだ。「心配ないさ、ゼノン…オマエが一番私に似ている。ダンテよりヴァニカより悪魔憑きの才能があるよ」

その後も友達から、骨が飛び出る不気味な奴としていじめられるゼノン。するとそこに炎が。炎がゼノンを護る。

「何言ってんだ、そーゆー変わった魔法ってだけだろ!」

少年はアレンと言う。アレンとゼノンは意気投合。

アレン「オレは強くなって恐怖で震えてる国の人たちを守りたい。この凍えた大地に希望の灯をともす存在になりたい。だから…オレ、魔導防衛隊総隊長になる…」

ゼノンも言う。「俺も…オレも総隊長になる」

アレン「それじゃあオレ達、ライバルだな!どっちが総隊長になるか勝負だ!!」

ゼノンもアレンも努力する。ゼノンは長兄に「自分は悪魔憑きに興味がない」と断った。

そして月日は流れ…アレンとゼノンは魔導防衛隊第4師団に入団する。2人は実力を買われる。特に骨魔法のゼノンは天才だとほめそやされる。

3、絶望の始まり

国にダンジョンが出現する。ゼノンとアレンは互いに鼓舞する。しかし…そのダンジョンには悪魔が封印されていた。このままでは全滅するほどの強さだ。

ゼノンはこのままではアブナイと考えていた。自分の魔力をすべて込めた最高魔法さえ打てれば…!?

傷だらけのアレンが悪魔に向かっていく。「オレは、魔導防衛隊総隊長になる…!こんなところで負けねぇ…!!!!!」

時間稼ぎにしかならない行為。これではアレンは死んでしまう…そのときゼノンは思った。

(ここしか無い。今撃てば悪魔を倒せる。アレンもろとも。今仕留めなければオレも含めここにいる全員死ぬ。そして国に被害が出る。少なくとも近くの街の人々は死ぬ)

笑顔のアレンを思い出すゼノン。そしてゼノンは…アレンもろとも悪魔に全力魔法を放った。

号泣するゼノン。

ゼノンは思った。

(力が無ければ想いも執念も無意味だ。弱い者は切り捨てるべきだ。圧倒的な力こそが絶対。ただの悪魔でもあの強さ。ならば…)

ゼノン「兄上…オレを…悪魔憑きにしてくれ…ベルゼブブ、取引だ…!!!」

ブラッククローバー 第306話 境界

【ブラッククローバー】 第307話「悪魔の心臓」ネタバレ感想

※ここからネタバレ!見たく無い方はブラウザバック推奨です!

1、ゼノンの望むもの、そしてユノは…

ゼノンとベルゼブブとの契約。

ゼノンは悪魔の心臓が欲しいと言った。

対価は何かと聞く悪魔。ゼノンは「オレのすべてだ…!!」と答える。

ゼノン「契約したとおりスペード王国さえ存続できればオレの魂だってくれてやる」

ベルゼブブ「…いいだろう…」

ゼノンの脳裏に浮かぶのは、アレンの姿…!

そして現在。悪魔の心臓を持ったゼノンは、ユノに心臓部を貫かれてもなお立っていた。

ユノは驚く。そして、この感じは悪魔だと気が付く。

ゼノン「悪魔の心臓を手に入れた今…オレはより圧倒的強者となった。」

もやはゼノン自体が悪魔なのだ―…。

2、ユノは…!?

応戦しようとするユノ。

しかし…立方体に閉じ込められ…

さらに逃げ場がない状態で骨攻撃される。

ゼノン「先ほどの矢の攻撃。仲間に当たるのを避けるため、少しずらしオレの心臓を外したな。仲間ごとオレの心臓を貫いていればオマエの勝ちだった」

そしてユノは意識なく倒れる。

それでもなお立ち続けるのは…ランギルスだ。

3、ランギルスのピンチ、駆けつけたのは…?

ゼノン「死にぞこないがまだ立ちはだかるか…楽にしてやる…」

ゼノンが攻撃する。すると…ランギルスはそこにいない!

これは…なんとフィンラルの空間魔法でランギルスは位置を変えていた!

フィンラル「やあランギルス。」

ランギルス「兄さん…!?」

ランギルスは、また自分を助けに来たつもりかと詰問する。実はフィンラルはヤミを助け出そうとしていたが、ランギルスとゼノンの戦闘を見て思わず飛び出してきてしまったようだ。

フィンラル(すみません…ちょっと寄り道して行きます。ヤミさん!!!)

フィンラルの作戦。"堕天使のはばたき"をランギルスに直接充てる。ノータイム空間移動が完成する。ゼノンの絶対空気内でも魔法発動を可能にするランギルスのマナゾーン。瞬発力と正確さに長けたフィンラルの空間移動…

フィンラル「二人そろっていれば戦える…!違うか?ランギルス…」

ランギルスがフィンラルと手を合わせる。

ランギルス「まったく…生意気な兄さんだ!!!!」

ブラッククローバー 第307話 悪魔の心臓

「ユノ・グリンベリオール」ネタバレ感想

※ここからネタバレ!見たく無い方はブラウザバック推奨です!

1、空間魔法さく裂!

フィンラルは長引かせるとランギルスが持たないと思い、すぐに攻撃をしかける。ゼノンはすでに空間魔法を見切っている。(決めに来たそのときが最後だ。)

マナゾーンに入れるために接近したその時が…

しかし、ゼノンの思惑とは外れる。

魔言術式で移動速度を上昇させランギルスの魔法で空間をえぐる。どれだけ強力でも敵の防御力は関係ない!!

ユノが目を覚ます。ゼノンは、ランギルスはどうなった…!?

目の前には息も絶え絶えなランギルスとフィンラル。

ゼノン「すべてを消し去る空間魔法も悪魔の心臓は壊せなかったか…」

2、ユノの苦悩

ユノは2人が殺されてしまうと感じる。しかし…すべてが通じなかった自分が起き上がったところで何が出来ると言うのだろうか?

ゼノン「オレの勝ちだ」

ユノ(オレの選択が間違っていたのか?団長会議で啖呵きって、わざわざ部隊に選んでもらい必死に特訓までして…これで終わりなのか…?)

悔しさに泣くユノ。

(こんなものだったのか?オレは。周りに天才と呼ばれ村の希望と言われ、選ばれ認められ嫉妬され憎まれたくされ…失って誓った。オレはアイツと誓い合ったオレはこんなもんじゃねぇだろ!!!!)

ユノが雄叫びを上げる。

内なる人物が言う。「そうだね。僕は君だ。でも君自身の力もあるはずだ」

3、スペードの魔導書

その瞬間、新たな魔導書が…なんとスペードのマークがついている…!!!

 

ユノ「魔導書…!!」

光が差す。パトリはその光を見て、ユノが確かにリヒトとラティアの子どもの生まれ変わりだと悟る。

ユノ「オレは…隊長を…みんなを助け…国を救い、魔法帝になる。だから…オマエに勝つ!!」

ブラッククローバー 第308話 ユノ・グリンベリオール

【ブラッククローバー】 第309話「瞬き」ネタバレ感想

※ここからネタバレ!見たく無い方はブラウザバック推奨です!

1、星魔法

ゼノンはユノの魔導書が2冊になったことに驚く。さらに攻撃されるゼノン。防げない。

スペード王国には代々似た特殊魔法が引き継がれてきた。

父ロイスは太陽、母シエルは月。そしてその血を継ぐユノ・グリンベリオールは

星魔法

ここでゼノンはユノが王家血を継いでいることに気が付く。

ベル「やっと本当のユノに巡り合えた気がする…!」

ユノは星魔法だけではゼノンに勝つことができないから力をためておくようにとベルに言う。

ベル「はい!」

2、ランギルスたちとの会話

ランギルスとフィンラルを助け出すユノ。

ユノ「2人のおかげで間に合った。あとは俺に任せて回復魔導士のところへ行って治療を…!」

ランギルスは四つ葉に加え魔導書がもう一冊あるユノに、「まったく、何なんだ、君は…」と尋ねる。

ユノ「金色の夜明け、副団長ですよ」

笑みをうかべるかのようなランギルス。

ランギルスは「任せた…!」とユノに言う。

3、最後の激突!!!

ゼノンが攻撃する。

ユノ 星魔法 "四天" "盾"

で守る。亜空間に閉じ込められるユノ。

ゼノンももうユノが出られないだろうと思う。しかし

ユノ 星魔法"合天"で、瞬間移動する。

ユノ「オマエに勝つために刻まれたページだ」

星魔法 "四天・槍"

ゼノンの体に当たる。当たった部分がえぐられている。

ユノ「オレの今までの選択が間違ってなかったことを、証明する…!!!」

ユノは思った。(みんなをたすけ、国を救い、魔法帝になる。おれは、おまえを潰したい…!!)

2人の凄まじい激突!!!!!

ユノ&ゼノン((オレが正しい。オレが勝つ!!!!!))

 

 

ブラッククローバー 第309話 瞬き

【ブラッククローバー】 第310話「正邪の恒心」ネタバレ感想

※ここからネタバレ!見たく無い方はブラウザバック推奨です!

1、激闘必至

2人の攻防は続く。

星魔法"四天・鞭"

骨×空間魔法 "魔剣ダ―インスレイヴ""空魔断絶"

これは空間の断裂なので、防御ができない。しかも壊れた星はしばらく再生できない…

2、ゼノンの過去

長兄「弱い者は簡単に死ぬ。そのすべてを守るのは不可能…ならば一度滅ぼそう。そして再生する。今度は死なないからだで…!悪魔の力を得た我ら、ゾグラティス4兄弟の魔法なら人間をつくりなおすことができる。死の恐怖のない幸福な国民。真に平和なスペード王国をつくろう…!」

すべては スペード王国の利益のために!!

3、最後の激突

ユノ(とっておきの一撃を!)

‟スピリット・オブ・ボレアス"

"空魔断絶"

ゼノン(星はすべて消した。瞬間移動も防御も不可。悪魔の心臓を壊す可能性はない。今度こそ終わりだ)

聖域とは…精霊と精霊憑きの共鳴率が限りなく100%に近いときにいたる領域。ぎりぎりの死線を戦い続けることで…ユノはたどり着いた。悪魔を滅する力。

ゼノン(圧倒的なちからのまえでは、なにもかもが無意味。オレの点勝ちだ)

しかしゼノンが攻撃をしかけたところにユノはいない。

強くなればなるほど星は生まれる。

"合天"

ユノ「オレたちの勝ちだ!!!!」

"聖域・スピリット・オブ・ゼファー"

ブラッククローバー 第310話 正邪の恒心

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
(C)田畠裕基先生
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
 

おすすめ電子書籍
\1巻無料で読める/
    U-NEXTで読む    

\最大2冊無料で読める/
FODプレミアムで読む

\50%クーポン付き/
  ebookjapanで読む  
 今最もおすすめ

お得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社無料・特典無料期間特徴
U-NEXT 1冊31日600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
DMMブックス 1冊30日電子書籍等でコミックを買う約6分の1の価格でマンガが読めます
FODプレミアム 最大2冊14日最大1,300P付与/20%還元/DL不可
イーブック6冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
スキマ 無料ありなし会員登録なしで無料で読める範囲が設定/会員登録するとチケットが貰え読み進めることができるのでリテンション率が高い
 

まとめ:【ブラッククローバー】発売前の31巻303話~311話までを先読みしようを紹介しました!

なんか色々ドキドキする展開が多くて、次が楽しみです!ユノが覚醒したように他の人も覚醒したりするのかな・・・?

ガジャのいきなりの告白!?2人が結ばれるといいですね^^

最後までご愛読ありがとうございました^^

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました