【ブラッククローバー】 第308話ネタバレ感想「ユノ・グリンベリオール」

ブラッククローバーネタバレ

今回は【ブラッククローバー】 第308話「ユノ・グリンベリオール」ネタバレ感想を紹介したいと思います。

この記事ではネタバレを含みますので、ご了承ください。

前回は、まさかのユノ離脱!?

ピンチにかけつけたのは…フィンラル!?

兄弟の共闘が見れるのか!?ワクワク!!

ではそんな続きが気になる【ブラッククローバー】 第308話「ユノ・グリンベリオール」ネタバレ感想についてみていきましょう!

 

 

 

ブラッククローバー 概要

人間は魔神に滅ぼされるかに見えた

それを救ったのはたった一人の魔道士だった

彼は“魔法帝”と呼ばれ伝説になったーーー

【ブラッククローバー】 第308話「ユノ・グリンベリオール」ネタバレ感想

※ここからネタバレ!見たく無い方はブラウザバック推奨です!

1、空間魔法さく裂!

フィンラルは長引かせるとランギルスが持たないと思い、すぐに攻撃をしかける。ゼノンはすでに空間魔法を見切っている。(決めに来たそのときが最後だ。)

マナゾーンに入れるために接近したその時が…

しかし、ゼノンの思惑とは外れる。

魔言術式で移動速度を上昇させランギルスの魔法で空間をえぐる。どれだけ強力でも敵の防御力は関係ない!!

ユノが目を覚ます。ゼノンは、ランギルスはどうなった…!?

目の前には息も絶え絶えなランギルスとフィンラル。

ゼノン「すべてを消し去る空間魔法も悪魔の心臓は壊せなかったか…」

2、ユノの苦悩

ユノは2人が殺されてしまうと感じる。しかし…すべてが通じなかった自分が起き上がったところで何が出来ると言うのだろうか?

ゼノン「オレの勝ちだ」

ユノ(オレの選択が間違っていたのか?団長会議で啖呵きって、わざわざ部隊に選んでもらい必死に特訓までして…これで終わりなのか…?)

悔しさに泣くユノ。

(こんなものだったのか?オレは。周りに天才と呼ばれ村の希望と言われ、選ばれ認められ嫉妬され憎まれたくされ…失って誓った。オレはアイツと誓い合ったオレはこんなもんじゃねぇだろ!!!!)

ユノが雄叫びを上げる。

内なる人物が言う。「そうだね。僕は君だ。でも君自身の力もあるはずだ」

3、スペードの魔導書

その瞬間、新たな魔導書が…なんとスペードのマークがついている…!!!

 

ユノ「魔導書…!!」

光が差す。パトリはその光を見て、ユノが確かにリヒトとラティアの子どもの生まれ変わりだと悟る。

ユノ「オレは…隊長を…みんなを助け…国を救い、魔法帝になる。だから…オマエに勝つ!!」

ブラッククローバー 第308話 ユノ・グリンベリオール

 
(C)田畠裕基先生
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
               

おすすめ電子書籍
\1巻無料で読める/
    U-NEXTで読む    

\最大2冊無料で読める/
  コミックシーモアで読む 

\50%クーポン付き/
  ebookjapanで読む  
 今最もおすすめ

 
お得に読める電子書籍サービス比較
サービス提供会社無料・特典無料期間特徴
U-NEXT 1冊31日600P付与/40%還元/映画・アニメ・成人動画/雑誌70誌見放題
DMMブックス 1冊30日電子書籍等でコミックを買う約6分の1の価格でマンガが読めます
FODプレミアム 最大2冊14日最大1,300P付与/20%還元/DL不可
イーブック6冊半額なし月額定額0円/初回50%OFF6冊まで/アプリ高機能/無料まんが2000冊↑
スキマ 無料ありなし会員登録なしで無料で読める範囲が設定/会員登録するとチケットが貰え読み進めることができるのでリテンション率が高い
 

 

まとめ:【ブラッククローバー】 第308話「ユノ・グリンベリオール」ネタバレ感想

今回はブラッククローバー 第308話ネタバレを紹介しました。

天才ゆえの悩みですね…

勝手に希望にされ…と言うのは少し泣けました…

15歳の少年にすごい重圧だっただろうな…

続きが気になる方は是非、次回も読んでみてください♪

最後までご愛読ありがとうございました!

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました